神社

石川

石川旅行~神社仏閣巡り~金沢周辺で入ったお店・神社・宿まとめ【旅行編】

一日目 金沢駅到着。 金沢駅のシンボルになっている有名な鼓門で写真を撮りました。 その後は、金沢駅~鶴来駅まで移動。 波切不動明王 白山比咩神社 水戸明神(白山比咩神社末社) 金劔宮 安江八幡宮 ・金沢水天宮...
石川

田井菅原神社(石川県金沢市天神町)御神木が特徴的な形の菅原道真公に縁ある神社

田井菅原神社 椿原天満宮から歩いてすぐの住宅街の中にある、紅白の御鏡餅で有名な神社です。 菅原道真公が大宰府へ左遷される途中、河内の国の道明寺(大阪府藤井寺市)の叔母覚寿尼を訪ねてお別れの挨拶にうかがった際、旧知の田邊左衛門(さえもん)...
石川

東山菅原神社(石川県金沢市東山)菅原道真を祀るひがし茶屋街の鎮守社

東山菅原神社 ひがし茶屋街の鎮守社で、宇多須神社の末社です。 宇多須神社のすぐ近くにあります。 文政三年(1820年)、加賀藩主・前田斉広公の時、金沢の犀川・浅野川の両地に妓楼を置くことが公許され、営業がはじまりました。その時、観音町西...
石川

小坂神社(石川県金沢市山の上町)金沢五社巡り 長い階段の小山上にある緑木に囲まれた神社

金沢五社とは 石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称です。この五社は近代の社格制度では県社に列格されます。この五社すべてを参拝することを「五社...
石川

宇多須神社(石川県金沢市東山)金沢五社巡り ひがし茶屋街の奥にある忍者の人形が境内にかくされた神社

金沢五社とは 石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称です。この五社は近代の社格制度では県社に列格されます。この五社すべてを参拝することを「五社...
石川

神明宮(石川県金沢市野町)金沢五社巡り お神明さんの愛称で親しまれている樹齢約千年の大ケヤキのある神社

金沢五社とは 石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称です。この五社は近代の社格制度では県社に列格されます。この五社すべてを参拝することを「五社...
石川

椿原天満宮(石川県金沢市天神町)金沢五社巡り 菅原道真公が祀られた緑多い穏やかな印象の神社

金沢五社とは 石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称です。この五社は近代の社格制度では県社に列格されます。この五社すべてを参拝することを「五社...
石川

安江八幡宮 ・金沢水天宮(石川県金沢市此花町)金沢五社巡り

金沢五社とは 石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称です。この五社は近代の社格制度では県社に列格されます。この五社すべてを参拝することを「五社...
石川

金澤神社(金沢神社)(石川県金沢市兼六町)兼六園に隣接し金沢の地名の由来となった地に建てられた神社

学問と金運災難除けの神様をお祀りしている神社です。 加賀藩藩主前田治脩が寛政6年(1794)に、兼六園の梅林の地に藩校明倫堂を建て、その鎮守社として金城霊澤のほとりに、学問の神であり前田家の先祖でもある菅原道真公のを祀った神社が金澤神社で...
石川

水戸明神(白山比咩神社末社)(石川県白山市白山町)手取川のほとりに佇む白山比咩神社の境外社

旧加賀一の宮駅の裏手にある小さな祠です。 手取川のほとりに、木々に囲まれて静かに佇む白山比咩神社の境外社です。 用水の守護神として、昭和29年4月安久濤の森(現、古宮公園)に、水戸明神の社殿が建てられ、毎年田植えが終わった頃に春まつり、秋...
タイトルとURLをコピーしました